Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

1000

賃料、地代の不動産鑑定評価を実施するシーンでは貸主・借主間における人間関係が難しくなっている場合が多いです。

新規賃料はマーケットの値段で決まりますが、継続賃料、継続地代は人間関係を色濃く反映している場合が多く見られます。

 

継続地代、継続家賃の世界は独特な世界観があります。

 

過去の地代の改定、賃料の改訂の経緯はどのような軌跡だったのでしょうか??

 

 

過去の地代の更新、賃料、家賃の更新の経緯はどういった内容だったのでしょうか??

 

 

マーケットにおける新規賃料、募集賃料と大きな乖離が発生していますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産鑑定の費用・料金お見積りは東京のあおかぜ不動産鑑定事務所㈱へー全国対応ー

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る