同族会社不動産売買等東京及び首都圏の不動産鑑定はあおかぜ不動産鑑定事務所株式会社へ
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

ようこそあおかぜ不動産鑑定事務所株式会社へ!!

 

 

 

 

 

江東区、不動産鑑定事務所

 

数多くの不動産鑑定士及び不動産鑑定事務所の中から当事務所へアクセス頂き誠にありがとうございます。

 

 

不動産の価格は不変なものではなく、不動産マーケットの変化で同じ不動産であっても大きく変動致します。

同じビルであっても1年前と現在では大きく価格の異なる時代です。

不動産マーケットの変化はスピーディで、急速に乱高下し不動産取引の最前線にいないとその変化に気付くことは出来ないと言えます。

 

 

また、不動産の価格を機械的に査定するのは簡単ですが、単なる計算をしてしまうと

対象不動産のバリューを正確に把握することはできずに大きな判断ミスを犯すことになりかねない時代になりました。

 

 

江東区、不動産鑑定士

 

江東区、資産整理、不動産鑑定士

全国対応、不動産鑑定士

不動産鑑定士、見積もり

 

不動産鑑定士、東亰

 

 

これまでに当社に不動産鑑定評価の依頼相談があったケースを下記に例示いたしました。

御社またはお客様にも下記と似たようなケースがあるのではないでしょうか?

ご相談は無料ですのでお気軽にご相談ください。

 

 

1.相続が発生して不動産鑑定評価が必要になった。

 

2.銀行から不動産鑑定評価書を出して欲しいと言われた。

 

3.底地を相続した。地代は少ないのに評価は高い気がする。

 

 

4.借地を所有しているが、面倒が多い。

 

5.宗教法人から土地・建物を購入するので不動産鑑定評価の取得が必要になった。

 

6.遺産分割調停で出てきた不動産仲介会社の無料査定書、これを基に遺産の配分を決めるの?なんか気がすすまないな。

 

7.学校法人に土地・建物を寄付することになって不動産鑑定評価書の取得が必要となった。

 

 

8.社長個人の不動産を会社に売却することになったら不動産鑑定士に鑑定評価書を依頼してくれと言われた。

 

9.リゾート物件、別荘、保養所、リゾートマンションって売っても実際には安いのに評価額は高すぎる気がする。

10.会社の保有している不動産の資産戦略が必要になった。(会社保有不動産をコア資産とノンコア資産に分類することに)

 

11.賃貸しているビルのテナントからビルの家賃を下げて欲しいと言われて不動産鑑定評価書を見せられた。

 

 

12.経営会議で役員達が議論するために添付資料として不動産鑑定評価書が必要になった。

 

 

13.数年前に購入した収益物件に関して不動産鑑定評価が必要になった。

 

 

14.これまで頼んでいた不動産鑑定事務所の鑑定報酬は高すぎるからこの機会に変更したい。

 

15.これまで付き合いのあった鑑定士は高齢になってきたからそろそろフットワークのよい鑑定士にチェンジしたい。

 

 

16.私は地主だが所有している貸地の地代について借地人が高すぎるから地代を下げて欲しいと真剣に言ってきて困っている。

 

17.今まで頼んでいた不動産鑑定士は不動産会社にいたことが今までないらしい。不動産取引に詳しい不動産鑑定士に入れ替えたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産鑑定の費用・料金お見積りは東京のあおかぜ不動産鑑定事務所㈱へー全国対応ー

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

不動産コンサルティング

不動産コンサルティングのイメージ

あおかぜ不動産鑑定事務所株式会社ならではの不動産コンサルティング

不動産鑑定評価業務

不動産鑑定評価業務のイメージ

不動産鑑定評価業務は全国対応です。

東京及び首都圏の不動産に強い

東京及び首都圏の不動産に強いのイメージ

あおかぜ不動産鑑定事務所株式会社は東京及び首都圏の不動産に強い

ブログ

あおかぜ不動産鑑定事務所株式会社へようこそ

ホームページリニューアルです!! 東京の不動産鑑定評価はあおかぜ不動産鑑定事務所株式会社へ

PAGETOP
Copyright © あおかぜ不動産鑑定事務所株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.